通訳案内士・通訳・翻訳のお仕事 世界中に日本の魅力を伝えたい。国際コミュニケーションをサポート!通訳案内士

訳案内士は、外国人を日本各地へ案内し、文化や伝統、生活習慣など外国語を使って紹介するという魅力満点の仕事です。ちなみに使用する外国語は、英語やフランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語など。通訳案内士の場合、添乗員と同じように旅行スケジュールの管理や宿泊先の手配、それに観光地の案内などの業務も含まれます。そのため、添乗員からキャリアアップして通訳案内士を目指す人も多いようです。外国人が興味を持つ事柄は多岐にわたり、旅の演出家として、更なるエンターテイナーの精神をもつことが大切です。また観光以外でもビジネス、研修、視察、国際会議、各種イベントなどのお仕事もあり、通訳案内士を目指している方も語学を活かす仕事が沢山あります。

教育研修

観光庁長官の認定資格について

観光庁長官が実施する、国家資格試験。1次、2次試験があり、いずれも筆記と口述試験があります。日本語による筆記試験では、日本地理や歴史、産業や経済、政治および文化に関する一般常識が含まれています。語学が得意なだけでなく、日本の全般に関する知識を学ぶことも大切です。国家資格を取得した後に、自らが居住する都道府県に通訳案内士として登録をする必要があります。

通訳・翻訳

際会議や学術会議などの各種会議、ビジネス交渉のシーンで活躍する通訳や翻訳の仕事。通訳と翻訳といっても、求められる語学レベルはさまざま。それぞれのニーズにあった仕事を紹介しますので、段階を経て、スキルアップすることができます。ぜひお気軽にご登録してください。

教育研修

身につくスキル

実践的な語学力と交渉力

海外からの人気アーティストのイベントや、国際会議、スポーツ大会など、様々なイベント・コンベンションで語学を駆使し、企画力、運営力、演出力など、日本のホスピタリティサービスを追及する中で類まれな交渉力なども身に付きます。

臨機応変な対応力

病気や天候など、旅にはトラブルがつきもの。突発的なトラブルが発生したときにも、お客さまが納得するようにベストを尽くさなければなりません。そのため、臨機応変な対応力も身につきます。

国内外における、幅広い知識

海外からのお客様が見る日本を、様々な角度からご案内する幅広い知識が身に付く通訳案内士のお仕事。
日本の歴史、地理、宗教、伝統、文化などをしっかり習得し、日本を紹介する為の高いスキルが身につきます。

求人一覧
旅行事務スタッフ

現場の経験を活かして、プランニングに携わりたい。

添乗員

いろんな現場で働いてみたい。

通訳案内士・通訳・翻訳

表現するプロフェッショナルを目指したい。